2006年06月09日

北朝鮮のシナリオ

チェゲウォルさんが息子のキムヨンナムさんと再開できる運びとなった。北朝鮮でだが…。

親にしてみれば、我が子に会いたいのは当然のこと。日本の拉致被害者たちのアドバイスにも聞く耳持たなくなっても仕方ないかもしれない。責めるべきは北朝鮮だ。

はっきりいって北朝鮮にとっては拉致問題のかっこうのクローザーが現れたわけだ。それが、キムヨンナムさんである。


DNA鑑定でヘギョンちゃんの父とされ、横田めぐみさんの夫とされた彼ではあるが、北朝鮮が、DNA鑑定できてしまうものを簡単に見落とすだろうか?

それと彼は韓国人。韓国政府は太陽政策をとっているし、世論は新北朝鮮的である。そして日本と仲が悪い。
日本にとっては不都合で、北朝鮮にとっては好都合な条件が揃いすぎている。

拉致被害者のひとりであることに間違いないだろうが、私にはキムヨンナムさんが、横田めぐみさんの 「作られた夫」 であると思えてならない。

北朝鮮国内では彼は用意されたメッセージを伝えるだけだ。
すなわち
「めぐみさんは死んだ」
というコメントである。

それと引き換えに彼は、北朝鮮国内でチェゲウォルさんと定期的に会う機会を手に入れるだろう。


夫とされる人物からの、妻である横田めぐみさんの死の告知。
北朝鮮はこれで拉致問題に幕を引くつもりだ。

結局、レールの上を走らされたのは我々の方かもしれない…。
posted by ホッピー at 21:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19052405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

北のミサイル、発射の兆候強い
Excerpt: 北のミサイル、発射の兆候強いと韓国政府。また北朝鮮か・・・
Weblog: 北のミサイル、発射の兆候強い
Tracked: 2006-06-10 12:15

そんなに北朝鮮が好きで日本は嫌いなのか
Excerpt:  別に韓国が日本を嫌いになるのは別に構いませんが、拉致問題は自分たちの国民の問題でもあるでしょう。一度理性を失った韓国人はこんなにも非合理的な対応しかできないのでしょうか
Weblog: 新聞記事・ニュース批評@ブログ
Tracked: 2006-06-10 18:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。