2008年06月15日

ヤフーとグーグルが提携

ヤフーとグーグルはネット広告事業での提携を発表した。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080614AT2M1400P14062008.html


ヤフーにフラれたマイクロソフト幹部は、「市場の競争原理を減らす」 と非難しているらしいが、果たして結果はどうなるか?
posted by ホッピー at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

止まらない医療器具の使いまわし

医療器具の使い回しが止まらない。また新たに事例が発表された。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20080606-OYT8T00905.htm


あくまで個人筋の話としてだが、どうやらメーカーは販売を中止する方向で検討しているらしい。個人的な情報なので、当然メーカー名は伏せておきます。

理由は、メーカー認識としては今までの需要をディスポとしての需要と見込んでいたのだが、フタを開ければこのような状況・・・。実際の需要を満たすだけの生産体制を持ち合わせておらず、その設備投資にも余裕がないらしい。

この状況は棚ぼた受注が急増している競合他社でも同じであるそうだ。


結局、これは氷山の一角にすぎず、我々の社会は幻影の元に成り立ってきたのかもしれない。

食に関してもたまたま船場吉兆が出ただけで、残念ながら我々の社会は、嘘の上塗りで成り立っているということであろう。
posted by ホッピー at 22:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

動画を携帯で見る時代

ドコモが、動画を猛アピールしている。

同社中村社長が 「携帯動画時代」 の到来を宣言しているほどである。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/40076.html


なるほど906シリーズの発売に合わせ、6月からはiモードに動画ポータルサイトを開設し、同時に無料配信キャンペーンも開始した。

その先にあるもの・・・。それはつまりiPhoneの日本発売決定である。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080606/306810/

結局、アップルは日本国内パートナーにソフトバンクモバイルを選んだ。

一連のドコモのPRの根底には、iPhoneへの脅威がある。


さあ、本当の戦いはまだまだこれから。
ドコモがガリバーで居続けることはできるのか?
posted by ホッピー at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

エコはエゴに過ぎない

社会は エコ エコ うるさい。敢えて言う。うるさいのだ。

それは履き違えれば単なる使い回し。国が声高に叫ぶほど社会に増えるのは使い回し。

モラルの欠如と私利私欲も手伝って、ふたを開ければ使い回し・・・。


もはやエゴ以外の何でもないでしょ。くだらねえちっ(怒った顔)




posted by ホッピー at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ガソリン、ついに170円突破

6月からガソリン価格が170円台に突入するのは必至である。

会社でも 5月中に社用車を満タンにしろ とか指令があったし、我が家の車も満タンにした。

本当に厳しい世の中である。


これからはガソリン価格も例えばこちらで検索して
http://gogo.gs/

給油のタイミングも計画性を持たなくては・・・。


私のホコリをかぶったマウンテンバイクにも再度活躍してもらわなければ・・・。

 
posted by ホッピー at 17:48| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

川田亜子さん自殺に今後の経済政策を憂う

また惜しむべき人物が自ら命を絶った。
元TBSアナウンサーでフリーで活躍していた川田亜子さんである。

警視庁の発表によると、26日午前6時15分頃、港区海岸の路上に停めてあった車中で 「人が倒れている」 と会社員から通報があり、駆けつけた三田署員が川田さんの死亡を確認したとのことである。


彼女に何があったのか?
今となってはその真相を知る術はないが、彼女のブログからは苦悩が伺える。

http://ameblo.jp/kawada-ako/


「仕事の合間」 と題し、「一番苦痛である」 と綴っている。


昨今、働き盛りの引きこもりが問題となっている。
川田さんが引きこもりであったわけではないが、要素に共通点を見出せるのではないだろうか。

かつての日本企業は良くも悪くも 「ファミリー」 であった。
注意し、、怒り、だけども躾(教育)をする面倒見のいい上司がいた。
だけども今はどうだろうか。注意したり怒りはするけれども教育してくれる人なんていないのだ。
終身雇用制の崩壊でみんな余裕を失ってしまったから・・・。

いわゆる成果主義とは、会社のコミュニティを完全に寸断し、自分のご都合主義を持ち込んでしまった。
自分が全て、他人の面倒なんてみてる場合ではないのである。


現代の会社というかビジネスにおいては他人を気遣うような思いやりの心は全くといっていいほど排除されている。
そういった本来の人間性とのジレンマの中で悩み苦しむビジネスマンが多く、その一人が川田さんであったのではなかろうか。


かつてマルクスは 「資本論」 の中で資本主義の限界を明らかにし、社会主義を説いた。
しかし現在の経済社会はマルクスを否定した修正資本主義という立場を貫いている。

経済主義の中には必ず好況と不況の波動がある。
中でも大不況時には必ず戦争が起こった。各国経済が内需を見込めないため外需獲得に走るからである。現在の修正資本主義ではこれを解決できてはいないのである。


決して社会主義がいいだとか、戦争をすべきとか言いたい訳ではない。
言いたいのは現代までの修正資本主義の実情は、庶民の犠牲を多大に生じ、一部の強者の牽引によって世界経済を形作るということである。

歴史は繰り返すではないけれど現に世界経済のリーダーアメリカはいまだに戦争を繰り返している。


これこそ、現行の経済政策を模索すべし、という天の警鐘ではなかろうか。
そして無言の抵抗を見せたのが川田さんではなかったのか。


個人的に今夜はすごく悲しい。

しかも今夜の酒は全く酔わない・・・。


posted by ホッピー at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

これであなたも大富豪?

バンダイがお札タイプのあぶらとり紙を発売する。
その名も 「福沢諭吉」 ならぬ 「拭沢油吉」

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/09/026/


これであなたも大富豪?  っていうか 東MAX 気分でご容赦をわーい(嬉しい顔)
posted by ホッピー at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

マックよ、お前もか。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/mcdonalds/

マクドナルドも値上げする。

ビックマック、チーズバーガーなど全国平均で、2.0% 今月末から値上げに踏み切る。


100円マックも存続の危機だ。

マックよ、お前もかがく〜(落胆した顔)
posted by ホッピー at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

首都圏の私鉄、定期代取りすぎ

首都圏の私鉄などがJRとの 「連絡通学定期券」 で料金を取りすぎていた。


http://www.asahi.com/life/update/0429/TKY200804280376.html


またもや初歩的というか、企業倫理を疑う問題である。


いったい何を信じていいものやらちっ(怒った顔)
posted by ホッピー at 08:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

元祖任天堂世代ですけど何か?

任天堂が、売り上げ・利益ともに過去最高を記録した。

私にとって任天堂は、「ゲームウォッチ」 「ファミコン」 である。

個人的にも非常に思い入れの強いメーカーではある。


現在、任天堂の好景気を牽引しているのは、Wii であり ニンテンドーDS である。

しかし違和感が非常にある。

通勤電車でそれらに興じているサラリーマンの多さだ。


確かに企業戦略としては秀逸かもしれない。だってそれらに興じているのは私の同世代であろう、いわゆる 「第二次ベビーブーム」 世代だからである。

でもそれってどうなのか?
私も結構 「いい歳」 である。


日本経済を支えなければならない、働きざかりの我々世代の現実逃避が見え隠れする。

子供たちがゲームに興じるのはまだしも 「おじさん」 が興じている姿が目につきすぎるのである。


通勤電車って何なのか?

私はそれに結構時間を費やすのだが、目をつむってその日の仕事のイメージだとか、気になる本だとか そんな時間の使い方をしている。それは自分が他者より劣っているという認識があるから。

サラリーマンてみんな忙しくせわしなく時間に追われているはずだ。
電車でゲームに興じちゃっている人ってものすごいエリートなのだろうなって自分に言い聞かせていた。


でもそれこそまさに 「仮想現実」 かもしれない。
そして自分を慰めるための言い訳であったかもしれないとつくづく最近思う。


疲れきったおじさんである僕は、たまには 「グリーン車」 に乗ってしまう。
その車内で、あれは確かPSPであったと思うが大音量でおそらく格闘ゲームをしている、私より年上のおじさんがいた。

その日私は電車の車内で初めて注意をした。

おじさんは無視していた。私もその後はだまってしまった。


ただただ悲しく疲れた空しい1日の最後になった。
















posted by ホッピー at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

ライブドア、ブログに活路って本当かな?

情報源としてのブログの地位向上を最重要課題とし、ライブドアがトップページを7日リニューアルした。

ライブドアのブログサービスは国内最大級であり、強みを生かし、他のポータルサイトと差別化する構えである。


いまだに ホリエモン、乙部さん、 といった忘れ形見をぬぐえない感のあるライブドアであるが、この期に及んで今度は ブロガー とはいかがなものか。


ネットコミュニティは、SNS しかり、ブログサービス しかり・・・。


今回のリニューアルは確かに閲覧者向きではある。

しかし実際の書き手、ブログサービス利用者にとっての優位性が感じられない。


話題性優先で、根本たるハードは後回し。

これでは ○○エモン と一緒じゃない爆弾
posted by ホッピー at 21:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

丸紅提訴の肝

丸紅がアメリカ大手証券のリーマン・ブラザーズに提訴された。
その額、実に352億円。


焦点は、医療ベンチャーのLTTバイオファーマ子会社のアスクレピオスの医療関連リース資金の返済義務が丸紅にあるかどうかということだ。


資金募集を募ったのはアスクレピオスで、その際偽造した丸紅の保証書を使ったらしい。

丸紅は関与した契約社員をすでに今月10日に解雇。
自らも被害者であることを主張している。


いずれにせよ、魑魅魍魎なる医療業界に一石を投じる事件となるであろう。

 
当然、回収不能金が生じる金融機関はこれからも出てくるであろう。
posted by ホッピー at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

プチ自慢、大不安。

とある国内企業に勤める私もごく平凡に今月決算をむかえる。

個人的にはそこそこな感じでプチ自慢したい気持ちで一杯だが、全社的には絶不調。これってどうかと問われれば、絶対駄目に決まってる。

福田さんは道路の一般財源化を小泉さん、安部さんの断末魔の如く言い続ける始末だし、小沢さんは相変わらず無責任なプレゼンばかり…。


結局、誰がどうこう言ったりしてみても国家のスキームが間違っちゃってるわけだからどうにもならないわけである。

そんな国家の管理化にあるしがない私のようなサラリーマンがプチ自慢をしたいなんて、とんちんかん極まりなく、我々企業人が存在する理由が曖昧かつ魑魅魍魎な現在のスキーム上に成り立っているとすれば、自慢なんておこがましい。


プチ自慢する暇あったらこの国の抱える大不安について語りあかさねばならないなんてことを口実に深酒しちゃってる私のスキームも考え直さなくちゃ駄目だけど
(笑)
posted by ホッピー at 01:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

It′s a SONY

SONYがデジカメのリコールを発表した。
なんでも8機種で不具合が確認されたようだ。


もしやexclamation&question
早速私はデジカメを確認した。我が家も実はサイバーショットなもので…。


どうやら我が家のは対象機種ではないらしい。一安心である。


しかしSONYって会社は新商品出す度によく不具合の発覚する会社である。
確か先日発売されたプレステ3でも何かあったっけたらーっ(汗)

といいつつ、我が家はSONY製が多い。
何故かと言えばあくまで私個人の指向に過ぎないのだが。


まあ、なんてメモリースティックの使いづらいことふらふら

おかげで他とのデータ交換がやりづらいのなんのって。独自路線を貫くSONYらしいと言えばらしいのではあるが…。


でもいいのか悪いのか、そんなところが自分自身に似ていなくもないかなあ〜、とひそかに共感しちゃってる僕がいるわけで、そんな人のマニア心をくすぐるような開発人がいるわけで、こうしてSONYスパイラルは続くのかもしれんねひらめき

posted by ホッピー at 22:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

人材の定着化

今後、優秀な人材の確保は一層難しくなる。
 
家計簿まで実感のこない昨今の好景気であるが、企業経済的には戦後最長のいざなぎ景気を上回るのは必至である。
企業の次の課題は人材の安定確保だ。
 
 
そこで早速アパレル大手ワールドが動いた。
 
アパレル販売職ではパートなどが一般的だが、販売職のパート、アルバイト職約5000人を正社員雇用に切り替えることを21日発表した。
安定雇用にすることで従業員の定着をはかるのが狙いだ。
 
 
不景気時代、パート・アルバイト社員、派遣社員を増やすことで企業は人件費の削減をはかってきた。
そしてそれがコストの削減にはつながり、それなりの利益を生み出し、戦後最長の好景気を生み出した。
 
しかし結果はどうであろう。
箱はそれなりに復活した。しかし中身は空っぽにちかい。
 
 
人材が定着せず、教育もできず、企業とは名ばかりの個々の集まりと化した。
組織力がないため、各個人の力で決まってしまう。
その個人が抜けたら物語りはリスタートである。グローバル競争力は皆無に等しい。
 
 
そうなったら、また暗黒の不景気に逆戻りである。
今回戦後最長の好景気を経験しているため、次にこけたら、戦後最長の不景気であろう。
 
 
それが経済の波動である と言ったらその通りであるが、それでもチャレンジしたワールドを評価したいと思う。
 
 
現にこの度の正社員化に伴い給与体系が時間給から月給制に移行し、雇用保険などの負担も増えるため、2007年3月期は人件費が22億円増える見通しだ。
 
 
今後人材確保競争が激化するのは間違いない。
しかし好景気と言えども現在はまだ企業の体力も限られている。
 
それでも先手を打ったワールド。
 
世紀を越える企業のシーズをワールドは蒔きはじめたのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ホッピー at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ホンダが先手、トヨタはどうでる?

稲わらやトウモロコシの茎、葉などに多く含まれる「セルロース」と呼ばれる植物繊維に、特殊な微生物を作用させ、効率的にバイオエタノールを生産する仕組みを、ホンダの研究チームが開発した。
 
現行のバイオエタノール精製技術は、トウモロコシやサトウキビなどの糖質やでんぷん質といった食料と同じ部分を原材料に使用するため供給可能量に限りがある。
今回開発されたホンダの技術を利用すれば、これらの問題を解決することができる。
 
 
従来の技術を用いたバイオエタノールの2004年の世界の生産量は4100万キロリットル。うちブラジル、米国でそれぞれ37%、34%を生産した。
 
そのブラジルでは、サトウキビを原料とするバイオエタノールが自動車燃料として使われており、日本の自動車メーカーでは、ホンダとトヨタ自動車が年内にも、バイオエタノールだけで走行する車両をブラジルなどに投入する計画だ。
 
 
まさに絶好のタイミングで独自技術を開発したホンダ。

打倒トヨタにまたとない追い風となるであろう。

 
 
 
 


 

posted by ホッピー at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ミクシィの信頼度

世はSNS全盛である。
 
 
SNSのミクシィが9月14日に東証マザーズに上場する。
時価総額は1092億円にもなり、東証マザーズの時価総額ランキング10位以内に食い込むのは必至だ。2006年3月期の売上高は約19億円に過ぎないが・・・。
 
 
ミクシィの大反響で、社名も イーマーキュリー から ミクシィ にかえた程である。
私はミクシィを批判するつもりはないし、SNSを否定するつもりでもない。
むしろミクシィ・SNSも肯定派である。
 
 
招待型という一種の身元保証システムで、信頼性の高いコミュニティを築き上げたはずである。
しかしその招待型のシステムの信頼性は薄れている。
 
 
ユーザーは500万ユーザーを越え、いろいろな人々が参加できるようになった。
いまやその招待状はオークションで高額取引されている。
穿った商用利用する輩が続出である。
 
 
 一般的に情報の信頼度が高いといわれているSNS。
しかしそのコミュニティが巨大化すると、情報の取捨選択が必要になる。
 
しかもたちが悪いのは、入り口が招待型なだけに、利用者の危機管理が薄れてしまうということだ。
 
 
こうなると招待型の意味がわからなくなるのは私だけでしょうかねえ・・・バッド(下向き矢印)
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ホッピー at 18:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まねきTV

東京地裁が、 「まねきTV」  というサービスに対し、NHKと民放5社の著作権法違反を理由とするサービス停止の仮処分の申し立てを却下した。
 
 
そもそも 「まねきTV」 とは、利用者が自分で購入したソニー製品である「ロケーションフリー」をまねきTV側に送り、専用ソフトを組み込んだ自分のパソコンなどでインターネットを通じてテレビ番組を受信するものである。
 
ロケーションフリーは国外に居住する日本人には非常にメジャーな存在であり、国内でも出張族などには人気が高い。
 
 
今回の東京地裁の判断はまだ仮処分申請の段階であるが、まねきTVのようなサービスが放送局の著作隣接権(送信可能化権)を侵害しないという司法判断の可能性を明確にしただろう。
 
このことからも、自分が所有権を有する大容量録画機器で、自宅で、出張先で、ケータイで自由に見られるサービスが登場する可能性はある。まねきTVの同様のサービスとしてはロケーションフリー以外にも [Slingbox」 や 「どこでもTV for Skype 」 などがあり、今後も様々なサービスが現れるであろう。
 
 
テレビ局は、時代や視聴者のニーズをとらえられなくなっている。
何故、動画投稿サイトになぜあれだけの数のテレビ番組がアップロードされるのか。
根本的な議論を忘れ、上っ面の法的根拠に答えを探そうというのは、すでにメディアの陳腐化を物語っている。
 
 
ヒントはハリウッドにある。
新技術や変革を受け入れ、利益の最大化をはかり、独自の進化をたどった。
 
 
それらを受け入れる懐があるのだろうか?
まあ、もしそれがないのだとしたら、行く末は想像に難くないが・・・。
 

 
 
posted by ホッピー at 14:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

世界の片隅の車窓から

ゼロ金利解除だの、デフレ脱却宣言だの、上のほうが騒がしいが、我が家はいたって静か、というかむしろまだデフレスパイラルである。


我社も最高益を記録しそうな勢いであるし、国内の経済活動が活気づいているのはわかるが、バブルのトラウマか、会社は内部留保に やっき だ。
原油価格の高騰など、グローバルな視野にたてばわからなくもないが…。


そういう意味でいうと、我が家の閉塞感も 内部留保 だとすればうなづける。
いや、うなづけるだろう。
むしろうなづかねばなるまい。


そんなことを思いながらも実は帰りにグリーン車に乗ってしまっている。

疲れているのだからたまにはいいよね って自分で自分を慰めながら。

しかも車内販売買ってしまった。
我が子にちょうどいいおもちゃを売っていたのだ。
全く商売上手だねえ、 JR さん。


しかしこれも立派な経済活動 と大局的に納得するとしよう。


P.S.
電車止まっちゃったよ。
たのむよ、 JR さん。
これこそまさに 不経済活動。
posted by ホッピー at 22:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

もうそんなの聞き飽きた

大手銀行各行は7日、3カ月もの以上の定期預金(スーパー定期)の金利を10日から0.02〜0.10%幅引き上げると発表した。
 
1年未満の預金金利を引き上げるのは00年8月以来、6年ぶり。日本銀行のゼロ金利政策が14日の金融政策決定会合で解除されるとの見方が市場で強まり、短期市場金利が上昇したためだ。
 
 
預入期間が1年の定期預金金利は0.07%幅上げて年0.15%。1年未満の定期預金金利は、三菱東京UFJが3カ月もので0.10%(引き上げ幅0.08%)、6カ月もので0.12%(同0.10%)。みずほ、三井住友、住友信託、中央三井信託、みずほ信託の各行は3カ月ものが0.06%、6カ月ものが0.10%。
 
各行の普通預金の金利は0.001%のままだが、ゼロ金利が解除されれば連動して引き上げられそうだ。
 
 
といってもごらんの通りの低金利水準。
これくらいの金利引き上げを堂々と発表しちゃうあたり、バブル後遺症が残っているな と感じてしまう。しかしその教訓はいかされていないのだ と思った。
何故なら、似たような金利水準を一斉に発表しちゃうなんて、相変わらずの護送船団してるからである。
 
いいのか悪いのかという議論をするつもりはない。
ただ思考はバブル期から停止したままである。
 
 
私の社会人スタートは バブル崩壊後 だった。
今考えるとそれでよかったな と思う。
上司から教わったのは、常に 「自分で考える」 ということ。
今は違う道に進んでしまっているが、この教えを忠実に守り抜いてきたつもりである。
 
 
護送船団ってすごく楽だと思う。だって考える必要ないから。
思考が停止するのも必然だ。
 
そして人の成長はそこで止まるのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 

posted by ホッピー at 07:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。